FC2ブログ
九州から発信するスノボー日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと九州から行けるスキー場でも雪が降り始めて、
どこのスキー場でもようやく全面滑走可能になってきましたね♪


そこで、ひさびさの更新です!
昨日、鳥取県にある「大山スキー場」に行ってきました~♪

このスキー場、以前はスキーヤーのみ全面滑走可能でしたが、
今ではスノーボーダーも全面滑ることができます!


zenは、初めて行ったんですけど、やっぱ九州からは遠かったッス・・・(>o<;)
車で片道7時間は、ある意味バツゲームでした・・・。
九州から行く人が、なかなかいないのがよくわかりました。


でも、遠くまで足を運んだ甲斐はありましたよ!
天気にも恵まれましたし、雪質が九州では味わえないほど良かったです♪
<近くに住んでいる人達がうらやましい・・・>


そして、↓が頂上からの眺めです!


これはもう絶景の一言です!!
写真ではわかりにくいですが、奥に日本海が見えるんですよ!!

もう最高に気持ち良かったです! (*≧▽≦)b イェイ♪



ただ、この「大山スキー場」には4つのスキー場が集まっているのですが、
スキー場間を移動する際に、結構歩くはめになりますので、
それなりに覚悟が必要です。(ちょっと大袈裟かな?(笑))

また機会があれば行きたいですが、移動時間を考えると悩みますね・・・(--;)



ちなみに、高速を利用して岡山方面から行かれる方は"米子I・C"で降りて下さいね!

zenはナビに従って、1つ手前の"溝口I・C"で降りたのですが、
地元の方が利用するような狭い道路の上、途中で坂道を登りきれなかった
ノーマルタイヤのおバカな車が道を塞いでいて大変な目に遭いました・・・

帰りは、"米子I・C"の方から帰りましたけど、全然楽チンでしたよ♪



でも九州エリアの方は、機会があれば一度は足を運んでみて下さい!
遠くて大変ですが、絶対満足できますよ!!




ランキングの応援もお願いします♪






スポンサーサイト
さて、ブーツを無事に選び終わった所で次こそ、ボード選びだ~!!と
テンション上がりますが・・・ちょっと待って下さい!

次はバインディング選びです!!

前にも書きましたが、『スノボーはスポーツ』です!
そして、ボードに力を伝えることによって、コントロールします。

ここまでで、皆さんの力はブーツには正確に伝わるようになりました。
しかし、足を固定する為のバインディングにも正確に力を伝える必要があるんです!


そこで、バインディングを選ぶときの重要なポイントをいくつか挙げていきましょ~♪



1.ブーツと、バインディングのサイズが合っているか?
ブーツとバインディングには、相性があります。
一番良いのは、ブーツとバインディングを同じメーカーで揃えることです!

でも、そうじゃない方は、
ブーツのカカトが、バインディングのヒールカップ(カカトが入る部分)との間に
隙間ができないものを選んで下さい!

ブーツの方が大きいと、ヒールカップの奥まで入りませんし
逆に小さいと、ブーツがしっかりと固定できず安定しなくなります。

<良い例><悪い例>





さらに、ブーツのつま先側もチェックしてください!
たまに、つま先がバインディングより、大きくハミ出してしまうものがあります。
この状態で滑ると、つま先が雪面に引っ掛かって危険なので
目安としては、バインディングより2~3cmほどハミ出すくらいがベストです!

<こんな感じ♪>





2.ハイバックの高さ
バインディングには、ハイバックと呼ばれるブーツのカカト側を
サポートする部品が付いています。

そのハイバックの高さがブーツの高さを越えるものは避けてください。
ハイバックの方が高すぎると、滑っている時に
足のふくらはぎに刺さって、すんごい痛い思いをする事になります・・・

<ブーツの方が高ければOK!>






3.ストラップの長さ
ストラップとは、ブーツを固定するベルトのことです。
長さを調整できるものがほとんどですが、短すぎるとブーツを固定できないので、
しっかりと固定できる長さのものを選びましょう♪



<ボードの選び方へ>


ランキングの応援もお願いします♪



最近のブーツの主流は、<BOA>と<シューレース>の2つですよね?
今回はその2つの違いについて、少しお話します♪


まず、<BOA>についてですが

写真をみてもらえばわかると思うのですが、

ブーツのスネが当たる部分(=タン)にダイヤルが付いており
そのダイヤルを回すことでワイヤーが締められ、
より早く、より簡単にブーツを履けるシステムです!

力の弱い女性や、ヒモで締める作業に慣れていない方でも
簡単にしっかりと締めることができますよ♪


さらに、脱ぐ時もワンタッチで緩めるだけなので手間がかかりません!


ただし、ワイヤーで均等に締めることになる為、例えば足首の所だけ
強く締めたいのに出来ない等の不便さがあります・・・





次に、<シューレース>ですが、こちらも写真でわかるように

ヒモ(=シューレース)でグイグイと締め上げていくタイプになります♪

また最近は、ヒモ(=シューレース)を引っ張るだけで簡単に
締め上げることの出来るブーツも登場していますので、
あまり力のない方でも、使いやすくなっています♪




どちらが良いのか?という質問に関しては、これはもう好みの問題です!
お店などで履き比べて、自分の好みに合ったブーツを選んでくださいね♪



<バインディングの選び方へ>


ランキングの応援もお願いします♪

ブーツコーナーへ行くと、たくさんのブーツがあって迷いますよね?
そこで、zenの考える<ブーツの選び方>を紹介します♪

 大きく分けてブーツには、ソフトブーツとハードブーツの2種類がありますが、
 ここではソフトブーツと呼ばれる柔らかい素材で出来たブーツについてです。



まず最初に覚えておいて欲しいのは『スノボーはスポーツである!!』という事です。

皆さんは、スポーツをする際にサイズの合わない靴でしっかりと運動できますか?
なかなか難しいですよね~(^o^;)


スノボーというスポーツでは、両足が板に固定されてしまします。
そして板に対して力を伝える事で、コントロールが可能になります!

その力を効率よく伝えるために、ブーツが大切なんです!!
zenはスノボーをする際に、一番重要なのがブーツ選びであると考えます!

ですから、ブーツを選ぶ際には必ず一度は履いてみて、
自分の足にしっかりと合うサイズを選びましょう♪



さらに、ほとんどのお店にはスノボーに最適な少し厚手のソックスが置いてありますので、
できるだけソックスを履いた状態で、足に合うブーツを選んでくださいね!


ブーツを履いた状態でしばらく店内を歩いたり、屈伸運動をして
  • スムーズに足首が曲げられるかどうか?


  • つま先が当たって痛くないか?


  • 足首を曲げた時にブーツの中で、カカトが浮かないか?


  • 足の幅や甲の高さは合っているか?


  • ヒモを締めた状態で、足に痛みや不快感がないか?


  • をチェックしてください。



    ブーツの中で指がある程度自由に動かせる方が、バランスを取りやすいのですが
    足首が動きすぎるとカカトがズレたり、ブーツから足が抜けそうになります。

    逆に圧迫されすぎると、足が痺れてきてしまいます。


    快適に過ごせるように、妥協せずに何回も試し履きすることをオススメしますよ♪



    問題がなければ、次はブーツのヒモの締め方の違いです!

    <何が違う!?BOA VS シューレース>



    ランキングの応援もお願いします♪

    スノボーを始めたい!始めよう!!』
    とお考え中の皆さんに、zenの考える道具選びを紹介していきますね♪

    スノボーなんてした事ないから、道具を揃えるのはちょっと・・・
    と思っている方は、最初はスキー場でレンタルして、自分にも出来そう!
    楽しかった~♪と感じてから、一式揃えても全然良いと思いますよ(^^)b

    正直、スノボー用品を一式揃えるとなると、結構なお金が掛かります・・・
    せっかく高いお金を払っても、年に2~3回しか行けないのであれば
    レンタルした方が断然お得ですもんね!

    <レンタル用品で始めたい方は、準備運動へ!>

    以下は、それでもやっぱり自分はカタチから入りたい! とか
    最初に一式すべて揃えて自分を追いこんでから、スノボー始めたい!
    と思ってる方は参考にしてみてください♪


    と、前置きが長くなりましたが、ここからが本題です!

    さて、あなたがスノボー用品を選ぶ際に、やっぱり一番最初に選ぶのは
    スノーボードですよね?

    その気持ちは十分にわかります!(実際、最初は私もそうでしたから・・・)

    でも、カッコいいスノーボードを選びたい気持ちをグ~ッと堪えて
    ぜひ最初に『ブーツコーナー』に足を運んで下さい!!

    <ブーツの選び方へ>



    ランキングの応援もお願いします♪

    お正月休み真っ只中の本日、広島の"めがひらスキー場"へ行って来ましたよ♪

    いや~やっぱり多かったですね!どこ見ても人、人、人の山・・・
    リフト待ちが約10分・・・正直、辛かったッス(>_<)

    でも、お正月だから仕方ないですよね~
    しかも吉和I.Cを降りて約5分というアクセスの良さも影響してますよね・・・

    気になるコース状況は
    センターコース2300トップ
    センターコース2300ボトム
    チャレンジコース×
    ダウンヒルコース×
    林間コース×
    パークコース
    ファミリーゲレンデ

    とりあえず、一番上から一番下までの約2.3kmは滑走可能です!

    今年は暖冬の影響で、どこのスキー場でも悪条件みたいですが
    その中でも、めがひらは頑張っている方だと感じました♪(^^)b



    ランキングの応援もお願いします♪

    はじめまして~!

    九州の雪男 『zen』で~す \(≧▽≦)/

    スノボーに関する話題を中心に
    ブログを更新していこうと思っていますので
    お時間がある時に覗いてみて下さいな♪

    それでは、宜しくお願いしますm(_ _)m



    ランキングの応援もお願いします♪

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。